DTI光のPv6が遅いとき

 

IPv6を利用しているはずなのに、インターネットの光回線が遅いと感じてはいないでしょうか。
このページではただ単純にIPv6にしただけでは、光回線速度の解消が図れないケースを幾つか取り上げて、
光回線が遅くなる原因について説明しています。また、光回線が遅いケースでの対処法についてもご案内します。

 

 

IPv6とは?

 

IPv6はIPv4に代わる新しいバージョンのIPになります。1990年代後半から大きく普及してきたIPv4に代わって、
ここから主流になっていく次の世代のプロトコルと評判です。

 

IPv6だと、IPアドレスを128ビットのデータとして表現します。このためアドレス総数は3.4×10の38乗個、
すなわち約340澗個となります。これというのは実質的に無限と言える数であり、IPv6によって現状のIPv4におけるIPアドレス枯渇の問題が解消できるとされています。

 

それから、IPv6を使用できるIPoEという通信方式を使用すると、
インターネット光回線がアップする可能性があります。
これというのはIPv6だからスピードアップする、というお話ではありません。

 

IPoEだと、PPPoEとは異なる新世代ネットワークと通信設備を通じてインターネットに接続します。
このため混雑しやすいPPPoEネットワークを避けられ、安定感があるスピードを確保できます。
さながら渋滞しがちな道路ではない、高速のような他の道路を使って通信が出来るようなものです。

 

 

IPv6にしたのに速度が遅くなってしまう原因

 

IPv6にしたら、インターネット回線がスピードアップするという話を聞いて、
ひとまずIPv6の契約をしたのに、いっこうに通信スピードが速くならないというケースがあります。
その原因としてまず考えられるのは、新しい2つです。

 

プロバイダーがPPPoE方式

上でも伝えていますが、IPv6は元はIPv4における「IPアドレスの枯渇」といった問題を
解決すべく開発された新しいIPになります。
通信スピードを速くするために作られたものではありません。

 

IPv6だったら、通信スピードが改善すると言われているのは、
あくまでIPoEと組み合わせた場合です。プロバイダーを介して、
IPoE方式じゃなくPPPoE方式で接続されていると、通信スピードはそれまでと一緒です。

 

IPoE方式とPPPoE方式のどっちで接続されているかは、
ご利用のプロバイダーに問い合わせ、契約状況をチェックしたら分かると思います。

 

 

IPv6が遅いときの対処法

 

IPv6が遅いときには、次のような対応が必要になります。

 

ルーターやパソコンの設定を確認する

それが、ルーターがIPv6に対応していることが求められます。
次は、ルーターの設定を変更しなければならないケースがあります。
細かいことはルーターの取扱説明書をチェックしてみましょう。

 

パソコンの設定も必要です。Windows10の場合だと次の手順で設定をします。

 

  1. コントロールパネルを開く
  2. 「ネットワークの状態とタスクの表示 」に進む
  3. 「ネットワークと共有センター」を表示
  4. 左の「アダプターの設定の変更」をクリック
  5. IPv6を使用するネットワークデバイスを選んで右クリックし、「プロパティ」をクリック
  6. 「インターネット プロトコル バージョン6(TCP/IPv6」をクリックして「プロパティ」をクリック
  7. インターネット プロトコル バージョン6(TCP/IPv6)のプロパティを表示
  8. 「IPv6アドレスを自動的に取得する」と「DNSサーバーのアドレスを

    自動的に取得する」をクリックして「詳細設定」をクリック

  9. 「IP設定」タブでIPアドレスが「自動構成のみ」となっていることをチェック
  10. 「DSN」タブで「プライマリおよび接続専用のDNSサフィックスを追加する」をクリックし、

    「プライマリDNSサフィックスの親サフィックスを追加する」にチェックを付ける

  11. 最後として「OK」ボタンをクリックして完了

 

 

IPoE方式のプロバイダーに変更

使っているプロバイダーがIPoE方式での接続をサポートしていないなら、
プロバイダーを変更することが求められます。IPoE方式で接続できるはずなのにPPPoE方式で接続されているなら、
プロバイダーへのオプションサービスの契約等が必要とも考えられます。
サポートデスクに問い合わせてみたらいいと思います。

 

 

IPv4 over IPv6を使用

IPv4 over IPv6は、IPv4通信でもIPv6(IPoE)の経路を通れるようにする技術になります。
これを活用すればIPv4通信でも高速通信が出来ます。
IPv4 over IPv6接続が出来るプロバイダーのサービスをうまく使ってみて下さい。

 

IPv6は回線スピードを改善できる可能性があります。
しかし、利用を開始しても遅いと感じた時は、上の記載を参考に対処すると良いでしょう。

 

 

 

IPv6 IPoEの活用を検討中の方に朗報

 

DTIだったら、auセット割等の割引が利用でき、
しかも最低利用期間の条件や解約時の違約金が無い安心・
おトクな光コラボ「DTI 光」を用意してあります。DTI 光の主な長所は下記の4点になります。

 

auユーザー、DTI SIMユーザー、東京ガスユーザーだけの割引あり

DTI 光なら、他サービスとのセットで色々な割引を受けることができます。
DTI光とauのスマートフォン等を同時利用する場合は、
毎月最大で1,200円の割引(auセット割)、DTI光と格安SIMカードサービス「DTI SIM」を
まるごと加入して同時利用するケースでは、毎月150円割引(SIMセット割)、
DTI光と東京ガスのガス・電気セット割を同時利用するケースでは、
毎月最高250円割引(東京ガストリプル割)となります。

 

IPv6(IPoE)接続サービス対応

DTI光だったら、IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続方式による
「IPv6(IPoE)接続サービス」を使用OKです。
従来の接続方式の光回線を使っていて、スピードが遅い、繋がりにくい時間帯があると感じている人でも、
DTI光に変更することで安定性とスピードが向上することが見込めます。

 

最低利用期間なし&違約金なし

DTI光には「2年以上利用すること」等といった契約期間の制限はありません。
そのため、いわゆる「2年縛り条件」と呼ばれるような、
特定の期間中に契約解除しないと違約金がかかるといったこともないのですし、
自動更新されることもありません。好きな時に違約金なしで解約可能です。

 

キャッシュバック特典、工事費無料特典、DTI 会員様限定特典など特典も満載

その上、特典として、工事費実質無料となる最大19,000円のキャッシュバックが受けられます。
それから、現在ADSL回線をご使用中のユーザーなら工事費&開通月の月額料金無料、
さらにDTI会員限定の国内のホテル・旅館のホテル代、
レジャー施設、飲食店、映画チケット等が割引になるサービスも利用できます。

 

 

 

DTI光